記事に公開期限を設定|Post Expirator

WordPressプラグイン
この記事は約6分で読めます。
期限設定

WordPressのデフォルトでは記事投稿時に公開日時を設定することはできますが、公開期限を持たせることができません。

このプラグインは、期間を限定して記事を公開したい場合に役に立ちます。

例えば、以下のようなことに利用できます。

  • 期間限定でイベントの告知を行う
  • 期間限定で使用できるアフィリエイトの投稿記事を公開 等

といったように、ビジネスやアフィリエイトに利用すると非常に便利です。

以下のことができます。

  • 投稿、固定ページ、カスタム投稿ページ公開期限を設定することができる(年月日時分)
  • 期限を過ぎた後に、ステータス(下書き、削除、非公開)の変更またはカテゴリー情報の変更(置換、追加、除外)ができる

カテゴリー情報の変更の場合は、記事は公開されたままなので、リンク切れは発生しません。
ステータスを変更した場合は、リンク切れが発生するため、注意が必要となります。

Post Expirator でできること

以下のことができます。

  • 投稿、固定ページ、カスタム投稿ページ公開期限を設定することができる(年月日時分)
  • 期限を過ぎた後に、ステータス(下書き、削除、非公開)の変更またはカテゴリー情報の変更(置換、追加、除外)ができる

カテゴリー情報の変更の場合は、記事は公開されたままなので、リンク切れは発生しません。
ステータスを変更した場合は、リンク切れが発生するため、注意が必要となります。

導入方法

プラグインのインストールと有効化については、「WordPressプラグインのインストールと有効化・停止・削除・更新の仕方」を参考にしてください。

プラグインを検索して有効化

以下の手順で行います。

  1. 管理画面の【プラグイン】メニューをマウスで左クリックします。
  2. 【新規追加】メニューをマウスで左クリックします。
  3. 【検索ボックス】に、”Post Expirator”を入力します。
  4. 【今すぐインストール】ボタンをマウスで左クリックします。
  5. 【有効化】ボタンをマウスで左クリックします。

以上で、Duplicate Postプラグインが、有効化されます。

プラグインをアップロードして有効化

下記もURLからプラグインのZIP ファイルを入手して、管理画面からアップロードして有効化する場合は、下記から入手します。
Post Expirator – WordPress.org
 https://wordpress.org/plugins/post-expirator/

プラグインのZIP ファイルを入手後、以下の手順で行います。

  • 管理画面の【プラグイン】メニューをマウスで左クリックします。
  • 【新規追加】メニューをマウスで左クリックします。
  • 【プラグインアップロード】ボタンをマウスで左クリックします。
  • 【ファイルを選択】ボタンをマウスで左クリックし、ダウンロードしたZIP ファイルを選択します。
  • 【今すぐインストール】ボタンをマウスで左クリックします。
  • 【プラグインを有効化】ボタンをマウスで左クリックします。

以上で、Duplicate Postプラグインが、有効化されます。

Post Expirator の設定

以下の手順で設定画面を表示します。

  1. 管理画面の【設定】メニューをマウスで左クリックします。
  2. 【Post Expirator】メニューをマウスで左クリックします。
  3. 【Post Expirator】画面が表示されます。
DuplicatePost設定-複製元タブ

DuplicatePost設定-複製元タブ

Duplicate Post設定画面の”複製元”タブでは、以下の項目の設定ができます。

  • 複製する投稿/ページの要素
  • タイトルの接頭辞
  • タイトルの接尾辞
  • メニュー順を増加する数
  • 複製しないカスタムフィールド
  • 複製しないタクソノミー
DuplicatePost設定-権限タブ

DuplicatePost設定-権限タブ

Duplicate Post設定画面の”権限”タブでは、以下の項目の設定ができます。

  • 複製可能な権限
  • これらの投稿タイプに対して有効化
DuplicatePost設定-表示タブ

DuplicatePost設定-表示タブ

Duplicate Post設定画面の”表示”タブでは、以下の項目の設定ができます。

  • リンクを表示する場所
  • 更新通知を表示する

使い方

有効化すると、複製対象に設定した投稿、固定ページ、カスタム投稿の一覧の画面に「複製」、「新規下書き」という項目が追加されます。

「DuplicatePost」有効後の投稿一覧上の表示

「DuplicatePost」有効後の投稿一覧上の表示

複製

複製をクリックすると、記事を複製し保存することができます。

新規下書き

新規下書きをクリックすると、記事を複製したのち、記事編集画面が表示されます。

ワンポイントアドバイス

ステータスを引き継ぐ設定にしている場合、ステータスも引き継がれます。つまり、ステータスが”公開”のものを複製した場合、複製したものは、即時公開されます。ご注意を。

まとめ

Duplicate Postは、記事を簡単に複製できるプラグインです。投稿、固定ページ、カスタム投稿ページの記事を丸ごとコピーできます。

以前に書いた記事をもとに、新規に記事を作成する場合や、特定のひな形を複製して使うことで統一した構成で記事を作成するのに便利です。ブログ作成の時には必須といっても良いプラグインです。

コメント