過去記事の記事内容を一括置換|Search Regex

WordPressプラグイン
この記事は約6分で読めます。

過去記事で、「特定の文言がどのくらい使われているか調べたい」とか、「言い回しや文言を一括して変更したい」ということがあったりしませんか?

例えば、

  • 言い回しを変更したいとき
  • 特定の文章を見つけたいとき
  • URLの記載を一括変更したいとき(例:http -> https)
  • その他いろいろ

Search Regex は、文字列の置換だけでなく、検索にも利用できるので、便利なプラグインです。

Search Regex でできること

以下のことができます。

  1. 文字またはタグを検索できる
  2. 文字またはタグを置換できる
  3. 検索する文字またはタグを正規表現で指定できる

Search Regex 導入方法

プラグインのインストールと有効化については、「WordPressプラグインのインストールと有効化・停止・削除・更新の仕方」を参考にしてください。

プラグインを検索して有効化

以下の手順で行います。

  1. 管理画面の【プラグイン】メニューをマウスで左クリックします。
  2. 【新規追加】メニューをマウスで左クリックします。
  3. 【検索ボックス】に、”Search Regex”を入力します。
  4. 【今すぐインストール】ボタンをマウスで左クリックします。
  5. 【有効化】ボタンをマウスで左クリックします。

以上で、Search Regexプラグインが、有効化されます。

プラグインをアップロードして有効化

下記もURLからプラグインのZIP ファイルを入手して、管理画面からアップロードして有効化する場合は、下記から入手します。

Search Regex
Search Regex は、WordPress の投稿、ページ、独自の投稿種別、またその他のデータ入力元に対する強力な検索と置換機能を追加します。

プラグインのZIP ファイルを入手後、以下の手順で行います。

  • 管理画面の【プラグイン】メニューをマウスで左クリックします。
  • 【新規追加】メニューをマウスで左クリックします。
  • 【プラグインアップロード】ボタンをマウスで左クリックします。
  • 【ファイルを選択】ボタンをマウスで左クリックし、ダウンロードしたZIP ファイルを選択します。
  • 【今すぐインストール】ボタンをマウスで左クリックします。
  • 【プラグインを有効化】ボタンをマウスで左クリックします。

以上で、 Search Regex プラグインが、有効化されます。

Search Regex の設定 と実行

「ツール」-「Search Regex」
「ツール」-「Search Regex」

メニュー(「ツール」-「Search Regex」)で設定画面を表示します。

SearchRegex設定画面
SearchRegex設定画面

以下の検索・置換条件を設定します。

  1. Source(検索・置換対象)
  2. Limmit to(検索・置換対象の上限数)
  3. Order by(検索・置換結果の表示順)
  4. Search pattern(検索パターン)
  5. Replace pattern(置換パターン)
  6. Regex(正規表現設定)

検索・置換条件を設定後、以下のいづれかを実行します。

  1. 検索
  2. 置換
  3. 置換して保存

検索・置換対象の設定

SearchRegex設定画面(検索置換対象)
SearchRegex設定画面(検索置換対象)

Source(検索・置換対象)をプルダウンメニューから選択します。
選択できる項目は、以下。

  1. Comment author(コメントの名前)
  2. Comment autor mail(コメントのメール)
  3. Comment author URL(コメントのURL)
  4. Comment content(コメントの内容)
  5. Post content(記事の内容)
  6. Post excerpt(記事の抜粋)
  7. Post meta value(記事のカスタムフィールド)
  8. Post title(記事のタイトル)
  9. Post URL(記事のURL)

検索・置換上限数の設定

SearchRegex設定画面(処理上限数)
SearchRegex設定画面(処理上限数)

「Limmit to」 は、記事を一度に検索・置換する上限数です。

Limmit to(検索・置換対象上限数)をプルダウンメニューから選択します。
選択できる上限数は、以下。

  1. No limmit(無制限)
  2. 10
  3. 25
  4. 50
  5. 100

検索・置換結果表示順の設定

SearchRegex設定画面(結果表示順)
SearchRegex設定画面(結果表示順)

Order by(検索・置換結果の表示順)をプルダウンメニューから選択します。
選択できる上限数は、以下。

  1. Ascending(昇順)
  2. Descending(降順)

検索及び置換パターンの設定

設定画面上の以下の項目を入力設定します。

  1. Search pattern(検索パーン:検索または置き換えたい文字やタグ)
  2. Replace pattern(置換パターン:置き換え後の文字やタグ)

正規表現の設定

検索条件に正規表現を使用する場合、以下の項目を設定をします。

  1. Regex(正規表現を有効にして検索)
  2. Case-less(大文字小文字を区別しない検索)
  3. Multi-line(マルチラインモードを有効)
  4. Dot-all(ドットオールモードを有効)

検索・置換処理の実行

画面上の3種類のボタン(Seaerch、Replace、Replace&Save)のいずれかをマウスでクリックして、処理を実行します。

Search

「Search pattern」と一致した結果を表示します。

Replace

「Search pattern」と一致した結果を、「Replace pattern」で置き換えた場合の結果を表示します。

Replace&Save

置換を実際に実行する場合に使用します。

「Search pattern」と一致した結果を、「Replace pattern」で置き換えた場合の結果をデータベースに書き込みます。

確認画面の表示はなく、置換処理が実行されます。

ワンポイントアドバイス

「Replace pattern」を空白にして、「Replace&Save」を実行したとき、置換した場所が全て空白に置き換わってデータベースに保存されるため、注意が必要です。(やり直しはできません。データはバックアップから復元するしかありません。)

検索・置換対象数が多い場合、サーバーへの高負荷が懸念されるため、検索・置換対象の上限数を”無制限”に設定しての利用は、控えたほうが良いでしょう。

サーバーによっては、パフォーマンスが著しく低下する場合があります。

また、共用レンタルサーバーでは、他サイトへの影響を発生する場合があるため、注意が必要です。

まとめ

非常に便利なプラグインなので、文言の統一やタグの一括変更に使えます。

便利なプラグインですが、「Replace&Save」では、確認画面がないため、実行するときは注意が必要です。

私は、「Replace」で確認後に、「Replace&Save」を実行するようにしています。 (万が一のことも考え、DBのバックアップもとってます。)

また、作成した記事で共通のキーワードを使用している記事を検索することにより、特定のキーワードが入っている記事の記事一覧の作成に利用できます。

コメント